ヘリコプターと小型飛行機

ヘリコプターと小型飛行機の比較

KODIAKホンダジェットa

航空機と飛行機

皆さん、「航空機」と「飛行機」の違いはわかりますか?
小型飛行機とヘリコプターの比較をお伝えする前に、ここから説明したいと思います。 日常生活の中で、意識しながら使い分けをしている方は少ないかもしれません。

答えは「飛行機」は航空機の一種なのです。 「航空機」とは、大気中を飛行する機械の総称です。 一方、「飛行機」とは航空機の中でも、動力によって推力を得て、固定翼によって揚力を得ることで大気中を飛行する機械のことです。

つまり、飛行機は航空機の一種なのです。

そんな航空機には分類があります。まず、空気より重いものと、空気より軽いものです。このうち、空気より軽いものには気球や飛行船などが含まれます。

一方、空気より重いものはもっと細かく分けることができます。それは、動力を持つかどうかという分類です。このうち、動力を持たないものの例としてはグライダーがあげられます。

そして、動力を持つものは、さらに翼が回転するかどうかで分けられます。このうち、翼が回転するものの例はヘリコプターで、回転しないものの例は飛行機です。

空気より 軽い 気球・飛行船
重い 動力を 持たない グライダー
持つ 翼が 回転する ヘリコプター
固定されている 飛行機

helicopter

ちなみに、飛行機は航空機の代表格であるため、混同されることが多いです。ヘリコプターも航空機なのです。

小型飛行機やビジネスジェットについては別ページにて紹介していますので、小型飛行機とヘリコプターの比較について掘り下げていきます。

 

小型航空機とヘリコプターの違い

小型航空機とヘリコプターの大きな違いは翼が固定されているか、回転するものかになります。固定されている飛行機は固定翼とも言われ、回転するヘリコプターは回転翼とも言われます。

KODIAK100 (27)

大きな違いの2番目は、ヘリコプターは「ホバリング」と言って空中で停止することが可能です。(翼は回転し続けて、一定の場に留まることができる。)飛行機ではこのホバリングはできません。ヘリコプターのこの特徴を生かして、防災ヘリコプターや海上保安庁などの人命救助に多く使用されています。

大きな違いの3番目は、滑走路が必要な小型飛行機と、滑走路が必要のないヘリコプターです。だからといってヘリコプターがどこでも飛べるわけではありませんが、一定の規定を満たせば病院の屋上や、ゴルフ場等の敷地にも離発着が可能になる乗り物です。

runway1

大型飛行機と小型飛行機は飛行方式に大きな違いがありますが、現在の日本では小型飛行機とヘリコプターの飛行方式は同じになります。どちらもエアライン等のジェット機に比べて飛行高度が低いので、機窓から見える眼下の景色がよりいっそう楽しめます。どちらも遊覧等の上空から地上を眺めるのに適した乗り物です。

 

機内の騒音はどううでしょう?

bose1

一般的には座席の真上にローター(回転する翼)があるヘリコプターのほうが、機内に近いのでローターの回転音が気になるという方が多いです。小型飛行機のエンジン音は気にならないという方が多いと思います。

是非、違いを気にしながら航空機に乗ってみるのも楽しいですよ。

 

064_D4C9543a-1法人利用をご検討のお客様へ

SKY TREK Stories 株式会社アトム 代表取締役 青井 茂様 インタビュー