コロナ環境下のおける海外から帰国時の移動手段について

今回は最近弊社でも問合せが増えている、コロナ環境下の海外から帰国時の移動手段についてです。

unknown-1592210807181

厚生労働省の水際対策の抜本的強化について(新型コロナウイルス感染症)のページにて以下の記載があります。

全ての国または地域を出発し、日本に到着する航空機及び日本の港に入港する船舶に乗って来られた方については、検疫法に基づく隔離(入院)・停留が必要となる場合があるほか、検疫所長が指定する場所(自宅等)において14日間の待機をお願いすることとなります。また、ご自宅等へは公共交通機関を使わず、ご家族やお勤めの会社等による送迎でのお帰りをお願いすることとなります。加えて、入国した日の過去14日以内に入管法に基づく『入国拒否対象地域』に滞在歴のある方については、全員にPCR 検査が実施されます。

検査で陰性となった場合でも、14日間の自宅や宿泊施設等の待機が必要となるわけです。

入国する際の検疫手続(厚生労働省HPより):

入国手続き

厚生労働省ページリンク 

入管法に基づく入国拒否対象地域入国拒否対象地域(感染症危険情報レベル3相当の国・地域)から帰国された日本人の方が入国するために以下の手続きが必要です。

  空港で抗原定量検査を受ける  

  結果判明までの空港で待機   

  (1~3時間後)  陰性判定  

  入国後14日間の待機  
*検疫所長が指定する場所(自宅、自身が確保したホテルや旅館等宿泊施設)

ご自宅などが帰国された空港から近い場所にある方は、問題ないかもしれないですが、多くのケースでは成田空港等国際便が多く到着する空港が日本の入口となっており、そこからエアラインや電車、新幹線を乗り継いでご自宅に帰る方が通常時は多いです。

このようなコロナ環境下で問題となるのが自宅待機場所への移動手段についてです。

空港から自宅までの交通手段(自家用車、レンタカー等)をご自身で確保していただくようお願いしています。電車、バス、タクシー、航空機(国内線)、旅客船などの公共交通機関を使用しないよう、強く要請しています。 リンク 

厚生労働省WEBの通り、待機期間を経るまではタクシーを含む公共交通機関での移動は許容されていなく、移動手段の選択肢が極めて少ない状況となっています。

ハイヤー等は大丈夫なのですが、個人がハイヤー会社と連絡をとって直接契約をする必要があり、かつ長距離を移動される場合は当然ハイヤーでは時間も料金も大きくかかることになります。

SKYTREKでは提携している運航会社と調整し、帰国後間もないお客様もチャーター機で送迎を行っております。これを機会に空のハイヤーであるSKYTREKをご利用頂いてはいかがでしょうか?

  空港で陰性判定   

  ハイヤー・自家用車で出発空港まで移動   

  チャーター機専用動線でSKYTREK機へ搭乗  

  目的地空港へ到着後専用動線で空港外へ移動  

  到着空港からハイヤー・自家用車へ搭乗  

利用空港等一部制限もございますので、詳しくはinfo@skytrek.co.jpまでお問合せをください。

株式会社SKYTREKでは、お客様に安心してご利用いただくために、現在下記の安全対策を各運航会社と連携を実施しております。

  • ご搭乗前に消毒液(もしくは除菌ティッシュ)を配布
  • フライト毎にアルコールを用いた機内清掃及び機内消毒の徹底
    (不特定多数の方が触られる部分中心に)
  • ご搭乗時はマスク着用の励行をお願いしております。
  • スタッフがマスクを着用させていただく場合がございます。
  • ご搭乗前にお客様の渡航歴や現在の健康状態についてお伺いいたします。 症状によって、検温を実施させていただき、搭乗をお断りする場合もございますので、ご了承ください。

フライトの検索はフライトシミュレーターから
https://skytrek.co.jp/flightsimulator/

 

 

法人利用をご検討のお客様へ

 

SKY TREKがeSports team αDとスポンサー契約を締結

鹿児島空港の紹介